女性性機能障害EDから克服する!!

ED改善の薬ランキング

女性性機能障害EDをご存知ですか!!

EDといえば男性が主に悩んでいる「勃起不全」

 

 

男性の生殖器が勃起せず、中折れ、射精まで至らずに身体的、精神的が原因の病ですが、

 

 

近年その症状が女性にも現われ、いわゆる女性型EDが存在します!!

 

 

それは「FSD」

 

セックスをしようとしても膣内が濡れてこなかったり、途中から痛くなって快感をまったく感じないといった症状(性興奮障害)

 

ひどい場合は男性に触れられるだけで鳥肌が立ち、嫌悪感を抱いてしまう(性嫌悪症)こと

 

「セックスが苦痛でしょうがない」状態をFSD(Female Sexual Dysfunction/女性性機能障害)と呼びます。

 

不感症の一部の原因にも含まれています。

女性が人生のなかでFSDを経験する確率は30〜50%にも。これは相当高い数字です。

 

しかし、セックスが満足に行なえない原因は男性にも女性にも存在します。

 

相手が嫌がったり苦痛を感じた場合、病気ではなく「自分のことそんなに好きじゃないのかな?」と考えてしまうかもしれません。
そのとき、「実は女性にも病気をもっている」と理解してもらえることで、トラブルやストレスを避けられる解決の糸口をみつけやすいです。

 


意外と多いFSDの実態!!

 

 

ある説によると、女性でFSDを経験する確立は30%から50%といわれています。

 

 

これは高い数字です。最近では情報があふれている時代ですので、

 

 

そのような私は病気ではないなどの思い込みや、

 

 

きっと疲れだろうと病状を自分で濁してしまうのも深刻化させる理由の1つです。

 

 

もし女性で心当たりがあるときは、素直に病院で診察してもらうことがいいでしょう。

 

 

「これは自分が悪いんじゃなくて病気なんだ」と納得でき、気が楽になると思います。

女性性機能障害「FSD」の症状

女性性機能障害には様々なタイプがあり、

 

 

そのことを認知しておく必要があります。

 

 

性嫌悪症

性嫌悪症はセックスが嫌になり性行為ができなくなる症状です。

 

「触られるでだけでだめ」、「セックスがイヤでたまらない」

 

などの症状です。ただ性欲無いわけではなく、自慰行為ができても、

 

セックスが嫌になるものです。

 

原因はいろいろあり、その方の環境や経験が挙げられます。

 

小さいときに「セックスは汚らしいもの」といわれて教育されると、

 

性嫌悪症のなる可能性は高いといわれます。

 

この症状は男性よりも女性のほうが多いそうです。

 

性交疼痛症

 

セックスで酷い痛みに合ったりして行為ができなくなる症状です。

 

性行為性交疼痛症は並大抵の痛さではなく、

 

少しでも膣に触れると激震が走る症状です。

 

その痛みを恐れて女性性機能障害になってしまうケースが多いです。

 

このような場合は治療で解決するケースが多いので、産婦人科やクリニックで

 

相談してみる事が大切です。

 

性興奮障害

セックス中に膣が痛くなり、膣が濡れない症状の事をいいます。

 

女性は性的興奮が高まると、膣が潤滑していきます。

 

性興奮障害が起きると、膣が潤滑せず、オーガズムを得られなくなります。

 

原因は加齢やパートナーの関係などが理由です。

 

 

 

女性性機能障害EDから克服する!!記事一覧

女性性機能障害(FSD)の原因

なぜそのような女性性機能障害が起こるのか、それは色んな生活環境や身体的な部分まで様々な状態のふ雑な絡み合いが症状を生み出しています!!心理的要因母親の過剰なストレスやすれ違いやセックスを汚らわしいものとして育てられた環境的要因や、中絶・死産といった経験が恐怖となっている。極度の怖がりや痛がりというこ...

≫続きを読む

 

女性性機能障害(FSD)の治療法!!

症状が複雑さが原因のFSDですが、しっかりとした治療をすれば治るものです。パートナーや身近な方と相談などのコミュニケーションをとりながら、時間をかけてじっくり専念することが解決への近道になります。治療法産婦人科や精神科の診察を受けるのが最初のスタート。問診や原因を特定する心理テストが行われる。婦人科...

≫続きを読む

 

FSDて何科で問診?!

FSDの場合、どこの何科で相談すればいいのかと迷われている方もいらっしゃるいますが、基本的には産婦人科でカウンセリングになるかと思います。心療内科で女性医師だとかなり少ないと考えられます。男性医師だと相談しにくい部分もありますので、女性医師がおられる医療機関を探されるのがよいかと思われます。

≫続きを読む

 

ラブグラ(ウーメラ)でFSDを治療する!!

FSDの治療薬として「ラブグラ」が用いられています。ラブグラは女性用バイアグラとしてです。「クエン酸シルデナフィル」が含まれており、不感症、性的興奮障害、絶頂不全の改善をする女性用のお薬です。女性用バイアグラ「ラブグラ」は媚薬ではございません。男性用のバイアグラと同じように、女性器の血流を良くし潤い...

≫続きを読む

 

改善プログラムでFSDを克服する!!

改善プログラムはそのホームページの名称ですが、セックスレスや不感を克服するための改善プログラムです。不感症の人と、不感症を改善した人の違いは、正しい改善方法を「知っているか」・「知らないか」の違いだけなのです。正直な話、道具やサプリメントを使ったりする事はあまり意味がありません。不感症は体質を変える...

≫続きを読む

 

FSDの関連する姓嫌悪症について

FSDでお悩みになられている方の一部ともいわれていますのがこの「姓嫌悪症」といわれる病気です。この発祥は女性が主だといわれています。その姓嫌悪症の病状は、性交疼痛全身の痛み(触られると痛い)涙が出る鳥肌が立つ気持ちが悪いなどの症状が見受けられます。その症状は精神障害の一種として定義され、恋愛関係や対...

≫続きを読む

 

女性版バイアグラの注意点!!

今女性用バイアグラがメディアで公開され注目を浴びていました。それは「アディー」でむらむらさせたり、気分を高める効果があるで有名になりました。ところが一部で副作用が個人差によっては大きいとの声もでております。アディーの成分が阻害剤と相性が悪く、危険な低血圧、卒倒(失神・気絶)などを起こす危険性があると...

≫続きを読む

 

FSDと冷え

女性の多くに悩みの1つが冷え性です。その冷え性がホルモンバランスを崩す恐れがあり、その延長線にの女性性機能障害に結びつく可能性もなきにしにあらずです。冷えはいろんな所で体調を悪化させますので、身体を暖めるような対策が必要です!!

≫続きを読む

 

ちつトレで改善する!!

ちつトレとは?!膣トレ(ちつトレ)とは、膣とその周辺の筋肉を中心とした“骨盤底筋”を鍛えるトレーニングのことです。膣の弾力や締まり具合には、この骨盤底筋の発達が影響していて、鍛えることで締め付けのコントロールができるようになり、ラブライフの質の向上が期待できます。骨盤底筋は骨盤を支えるとても重要な筋...

≫続きを読む

 

東京の産婦人科リスト ズバリ5病院!!

東京で口コミなどでの評価がある産婦人科です!!国立成育医療研究センター至誠会第二病院杉山産婦人科成城木下病院玉川病院注意):このページはあくまで個人の評価であり、免責事項に準じます。予めご了承下さい。

≫続きを読む

 

インナーボールで性嫌悪を克服する!!

インナーボールはちつトレのアイテムとして用いられ膣の締りをよくするトレーニンググッズです。効果もあり、口コミなどの評価も良いことから膣の締りがよくなったとの声が多いです。

≫続きを読む

 

女性不感症を軽減するクリニック!!

湘南美容整形クリニック保証制度があり安心カウンセリングから的確なアドバイス不感などの悩みなどを助勢してくれる。

≫続きを読む

 

心因性ストレスから解放される方法3つ(女性版)

女性の心因性から来る症状は深刻で、その1つが性嫌悪症や女性性機能障害(FSD)などが挙げられます。この解決は人様々で生活環境やパートナーとの相互関係など日々の出来事の積み重ねからその人の抱え込みの度合いから蓄積され、自律神経のバランスが乱れるのが原因の1つとも言われています。その自律神経のバランスを...

≫続きを読む

 

固くならない彼にしてあげること

パートナーが勃起不全や柔らかい、固くならないなど性行為を行う最中や直前でそのような事態になると、男性はおろか、女性も実は落ち込んでしまいがちです。・私に魅力がないのか・彼の精力が少ないのか・体調がわるいのかなど様々です。女性の立場ですとセックスの快楽よりも性の不一致が一番深刻で、こちらはそうでなくて...

≫続きを読む

 

「妻だけED」について

現在では「妻だけED」の男性が増えています。その理由は・いつも一緒なのでどきどきしない・妻が母親になってしまい、女性として見れない。・家族して見てしまい、性欲が出ないなど様々な状態に変化してきています。そのようになると女性の方が考えてしまいがちになっている場合が多いです。男性の勃起不全に対しても男性...

≫続きを読む

 

性恐怖症からFSDに対する克服する!

FSDには様々な理由があり、性嫌悪症といわれる部類でも性恐怖症という項目があります。くくりとしては別になりますが、考え方や想いとしては症状は同じだとこのサイトでは言えます。恐怖は一度怖いや不安等を用いた場合にそれに対して離れたり考えたくなくなったりします。怯えて視覚や聴覚などの5感から生理的に遠ざけ...

≫続きを読む

 

締めキュットの履くだけインナーで骨盤底筋を克服する!!

産婦人科の先生が開発した、履くだけで尿もれやちつトレが出来るインナーを出来ました。その名が「締めキュット」です!!グラビアアイドルの「手島優」さんも愛用しており、ヒップアップなどに成功されています。

≫続きを読む

 

FSDの薬について

女性の性機能障害はその様態にもよりますが科学的に立証されている薬品も存在します。FSDで一般的に知られているのが女性用バイアグラです。シルデナフィルクエン酸塩を配合していまして、アメリカでは認知されています。日本では処方箋として販売されています。日本では承認されていませんが個人輸入代行などでの対応と...

≫続きを読む

 

セックス嫌悪症から脱却する様々な手立て

セックス嫌悪症という病名はものすごい広い範囲での原因があり、個人差でありひとつの解決法が正ではありまえん。ですので脱却するのに当たって数日で解決する人から数年たってもまだ脱却できないものまであります。ですが解決するモチベーションだけはなくさないで下さい。それだけが管理人だけのお願いです。もしこれが永...

≫続きを読む

 

性嫌悪症だからこそのケアが大切!!

性嫌悪症の1つが心因性といわれており、その1つに当てはまるのが潔癖であるのも理由の1つです。そのペニスが汚い、又は性行為自体が不潔と感じ、生理的に無理と体が拒否をする為に性嫌悪症と深い病へと進化してしまいがちです。その心因性の潔癖症を克服するにはカウンセリングなどが大切です。ですがその潔癖症であるが...

≫続きを読む

 

女性バイアグラの購入方法!!

女性バイアグラは通称「ラブグラ」や「ウーメラ」に当たります。でその購入したい場合ですと大きく分けて2種類あります。処方箋で購入する個人輸入代行で購入するにあたります。処方箋で購入する場合はまず、産婦人科で診察をします。そしてその時にラブグラや女性のバイアグラを購入したいと医師に問いかけます。医師が必...

≫続きを読む

 

ラブグラの薬局はどこがいいのか?!

ラブグラの薬局はどこを選べばいいのでしょうか?!一番いいのが信頼している診療所で診察してもらい、そこで処方をもらって薬局で購入する方法が一番です。近くで頼りになりますので安心です。そしてもう1つの方法が個人輸入代行です。それは薬を輸入する際に個人ですと色々と難関と時間がかかりますのでそれを代行して輸...

≫続きを読む